御香典をくるむ売値は、4や9という数は、避けましょう。

4や9という数値は、「死」や「苦」を連想させます。
そのため不吉とされていますので、気をつけましょう。

そうしてお札は、新レーベルはよくありません。
古めかしいお札を包みましょう。

新しいお札にすると、前々から亡くなれることを見通しし、
香典を準備していた…という意味合いになってしまいます。

お葬式は急性ものです。
そのため「新レーベルに差替えることができず古くさいお札を包みました。」として、
新レーベルではなく、古臭いお札を囲むのが作法となっています。

そうしてお札の入れ方も決まっています。
弔事の時には、お札の表情が下向きになるように入れます。
気をつけましょう。

御香典は、亡くなられたクライアントと共に同居していた場合には、つつむ必要はありません。
しかし断交やる親族であれば、香典をつつむのが一般的です。

御香典の表書きの書き方は、延々と悩むところですが、
香典カバンを包装していらっしゃるカバンに、記載されています。家族だけのお葬式について詳しくしりたいならこちら